被害を拡大させない応急処置~雨漏り修理で最初に行なうこと~

雨漏り修理を施すまでの応急処置

住宅と雲

雨の日に、自宅の天井から雨漏りしていることに気がつくこともあるでしょう。雨漏り修理を先延ばしにしていると、被害は酷くなる一方なので、雨漏り修理業者に依頼することが大事です。しかし、業者が来るまでの間も応急処置をして被害が拡大しないようにしましょう。

すぐにできる応急処置

水滴が垂れています どうすればいいですか?
雨が酷くなると、天井にシミができて、ポタポタと水滴が垂れてきますので、バケツを用意して雨漏りしている箇所の下におきましょう。バケツの中に水が溜まると、水滴が床に飛び跳ねるので、新聞紙をバケツの下に敷いておくと良いでしょう。こうすることで、床が濡れることを防ぎ、カビの発生を抑制できます。
天井以外から水が浸入しています
雨漏りする箇所は天井だけとは限りません。窓やサッシからも雨漏りすることはあるのです。窓やサッシから雨漏りするときは、ビニール袋を床に敷いて濡れないようにします。そして、雑巾を使い、余分な水分を拭き取るようにしてください。
雨水の浸入を防ぐのに効果的なアイテムはありますか?
雨水の浸入を防ぐことも重要です。浸入経路が明らかなときは、防水テープを利用して塞ぐと効果的です。浸入経路の周辺を雑巾で綺麗にしてから、防水テープを貼ると剥がれにくくなります。また、防水テープは空気が入らないようにすることがポイントです。

雨漏りが発生している場所や状況に応じて、対処するようにしましょう。また、上記はあくまで応急処置ですので、すぐに雨漏り修理業者に連絡することが重要です。

雨漏りがもたらす住宅への被害

雨漏りは住宅だけでなく、住んでいる家族の健康状態にも悪影響を与えます。ここでは、雨漏りによる被害を紹介していきます。

早めの雨漏り修理が必要

強度が落ちてしまう
屋根や外壁の内部に水分は入り込んでしまうと、住宅本来の耐久性が低下してしまいます。特に、雨水の通り道となることが多い「柱」や「梁」や「壁」は、住宅の構造上重要な部分です。そのため、「柱」や「梁」や「壁」が腐食してしまうと、地震に耐えることができない住宅になるでしょう。
雑菌が繁殖
シロアリは住宅の天敵ですが、雨漏りは発生してしまうと、住宅内部は湿気が多い環境になるので、シロアリが発生しやすくなります。暗く湿った環境を好むシロアリは、雨水で濡れた木材腐朽菌が繁殖している場所に巣を作りますので、住宅は倒壊する危険もあります。
体調を崩しやすくなる
雨漏りすることによって、多くの雑菌は繁殖するでしょう。そのため、日頃から健康に気を使っている人でも体調を崩す可能性があります。また、小さいお子さんがアレルギーになる可能性もありますし、雨漏りを放置することでストレスを溜め込んだまま生活することになります。

住宅の雨漏りを放置することによって、沢山の被害が発生する可能性があります。もし、天井にシミを発見したら、すぐに雨漏り修理業者に連絡して直してもらいましょう。

TOPボタン